「さどんぽサミット」を開催します!参加者募集中です!

hyoushi_sadompo佐渡を歩く旅「さどんぽ」はスタートから2年が経ち、徐々に多くの観光客、島内の皆様からご利用いただいて、佐渡らしさが再発見できるとして好評を得ております。                     一方で昨今、外国人観光客の姿を島内でも見かけるようになってきました。外国からのお客様は特に日本らしい田舎の景色や素朴な体験に興味を持っているようです。「さどんぽ」の活動もそのような方々の視点で見ると、より地域の魅力を引きだしていけるのではないかと考えております。                             今回は、株式会社日本旅行様より、訪日観光客に健康ツーリズムの提供に関わった青木様と、柏崎市高柳町で文化に自信を持ちながら、外国からの受け入れについて実践されている小林様を招いてご講演いただき、勉強する機会を設けました。

 

「さどんぽ」のガイドのみならず、地域での体験活動に興味をお持ちの方、街並みガイド(ふれあいガイド・山岳ガイド)の皆様、観光関係者の方々等、多くの方に講演を聴いて頂きたいと思っています。ご参加をお待ちしております。

 

1 日時      3月17日(木)午後1時30分~午後4時50分

2 会場      ふれあいハウス潮津の里(佐渡市背合38番地 真野地区)

3 テーマ     地域資源を活用したインバウンド(外国人など)受け入れづくり

4 対象者     さどんぽガイド及び街並みガイド、観光関係者

5 講演      ①柏崎市高柳町門出「門出・田代べとプロジェクト」

           代表:小林康生様「門出の文化保存とイスラエルとの交流について」

                ~日本の伝統・文化を外国の人たちはどう感じているか~

          ②㈱日本旅行 国際旅行事業本部 企画部 訪日医療ツーリズム推進室

           室長:青木 志郎 様 「地域資源とインバウンドの結びつけについて」

                    ~日本の田舎は海外の方に受け入れられるか~

6 講演者と佐渡側のパネルディスカッション

       パネラー   ①小林 康生様  ②青木 志郎様 ③葛原 正巳様(羽茂大崎代表) 

              ④李 佳璘 様(地域おこし協力隊)⑤坂本辰巳(交流ネット理事長)

     コーディネーター 佐渡地域観光交流ネットワーク 佐藤春夫

 

7 参加について   佐渡地域観光交流ネットワーク事務局まで3月11日までにお電話、FAX,           メールなどでご連絡下さい。

            所属・お名前・当日連絡のつく電話番号をお伝え下さい。

(一社)佐渡地域観光交流ネットワーク 佐渡市佐和田行政サービスセンター2階

       67-7995(平日9:00~17:30)