スタッフブログ

大切なあの人にコシヒカリを贈ろう!

ギフト・お祝い・内祝い・プレゼント・贈り物に新潟米コシヒカリ

遠くに住んでいる両親に贈り物がしたい

結婚・出産などのお祝いにギフトを送りたい

いつもお世話になってる方にプレゼントを贈りたい

そんな方は新潟米として有名なコシヒカリをお贈りしてはいかがでしょうか?

ここでは、日本海と山里で大切に育てられ、「お達者(お元気)」「門出」という2つのおめでたい名前を持つ、新潟県・佐渡産の特別なお米をご紹介します。

>>幸運を呼ぶ【お達者米+門出米】の詳細はこちら

台湾からのお客さま

台湾からのお客さま

台湾より、日本の高等学校にあたる学校の先生方が、佐渡に視察に来られました。

一行は島内各地、修学旅行で行くところ、体験するところを視察。

台湾からのお客さま

佐渡はこれまで小学生の修学旅行で歴史があること、様々な体験プログラムがあることを紹介しました。

台湾からのお客さま

そして、今回のメインである県立佐渡高校の視察!

台湾の学生と、佐渡の高校生が学校交流を行う可能性があるからです。

実は、今年の佐渡高校の修学旅行は、ちょうど今週台湾に行っていて、現地で学校交流をしているとのこと!

これには台湾側の先生方もビックリ&親近感!

最近の修学旅行では学校交流が主流とのことで、勉強になりました(^^)/

授業もちょっと見せてもらい、ドキドキ!

生徒の皆さん、ご迷惑お掛けしました(^^;


※佐渡高校では電子黒板が使われているそう

台湾からのお客さま

夜は敷島荘で交流会!

台湾からのお客さま

ゆっくりお話できました。

佐渡伝統の鬼太鼓を見てもらい、大盛り上がり!

天気もあまりよくない2日間でしたが、少しでも佐渡に興味をもってもらえたなら嬉しいです。

台湾からのお客さま

今回の視察で、先生方が佐渡に望んでいるとわかったことは、

● 生徒同士の交流ができる、高校の学校訪問
● 佐渡ならではの体験ができる「民泊体験」
● (特に都会の学校)農業、漁業などの自然体験

とのことで、佐渡の得意分野ですよ(^^)

ぜひ、今度は生徒さん達とともに、佐渡で会いましょう~(≧∇≦)

外国人観光客を受け入れるには?専門学校留学生による視察会を実施!

佐渡でも年々外国人観光客が見受けられるようになってきました。滞在・体験プログラムの開発を行う上で、外国人向けの滞在プランについては未開発であり、課題であると感じています。

今回は新潟市在住の留学生、旅行業界を学ぶ学生に佐渡を訪れてもらい、「佐渡島内インバウンド受け入れ研究」をテーマに、「金山」と「さどんもん」の2コース4班に分かれて、滞在先についてレポートしてもらうとともに、自国への発信方法についても考えていただきました。

 

実施日程

平成28年10月25日~26日

参加者

国際外語・観光エアライン専門学校(新潟市中央区)

 

日程

(さらに…)

アースセレブレーションで遊び尽くせ!

EC

佐渡の夏を締めくくる一大イベントといえば、アースセレブレーション!毎年楽しみにしている方も多いと思います。

今年は佐渡の各地で、佐渡の暮らしや文化、自然を体験できる「佐渡体験プログラム」がぐぐーんとパワーアップ!

毎年大人気のシーカヤック体験をはじめ、

 「海風を肌で感じるシーカヤック」

佐渡の食が堪能できる各コース☆

  佐渡の郷土料理と民俗芸能の旅

  学校蔵見学と佐渡の酒ティスティング

 

そして、今日からあなたも島民!?佐渡の暮らし体験は2コース

  佐渡の暮らし 民家宿泊体験(北部の小さな村)

  佐渡の暮らし 民家宿泊体験(佐渡の真ん中)

受け入れ可能人数を増やしました!!

 

佐渡の海を満喫するなら・・・!

相川や佐和田に宿泊予定の方やSnow Peakスタッフと楽しむアース・セレブレーションにご参加の方はぜひこちら!

  真野湾マリンスポーツ体験

  スタンドアップパドルボードで楽しむ佐渡の海

 

そしてそして!の〜んびり佐渡の文化を学びたい方は・・・!

  佐渡のお能体験(初心者編)

佐渡じゃあ、トキが飛んでいるのを見るのなんて、日常のこと!

運がよければ・・・だけど、みなさんにも、トキが見れた感動を味わってほしいな♪

  トキが舞い遊ぶ里&正明寺そば

 

 

まだまだ紹介したいコースがありますが、少しずつこのサイトやアースセレブレーション公式サイトでご紹介できたらと思います!

今年はアースセレブレーションで遊びつくそう!

program10_spot01

 

子ども民泊体験の研修旅行を開催しました。

今シーズンの教育旅行の準備が始まりました。

子どもの民泊体験活動を受け入れて下さっている家庭のみなさんや、これから受け入れようと考えている方を対象とした島内研修旅行を開催しました。

例年、島外での旅行をしていますが、今回は初めての試みで島内・外海府地区を研修地にして、

受入をしている場所やどんなことを体験してもらっているのかなどを訪れて意見交換しました。

IMG_4874

実際に受入をしている、ある家庭におじゃましてお茶と手作りまんじゅうを頂きながら話を聞きました。(とにかく仏壇がすごいお宅。仏壇に手を合わせるのも立派な体験・・!)

 

IMG_4877IMG_4887

子どもを体験させている海岸を見学・・・風が強く、海が荒れていました。

 

場所を海府荘に移して、意見交換。参加者はお母さん達が多く、子どもが来てくれると楽しい、にぎやかになる、自分も楽しみながら民泊を受け入れているという話が多く聞かれました。

 

お母さん達の一番の悩みは、「夕食をどのような献立にするか」ということ。

 

これまで試行錯誤で来たのですが、家庭ごとに何を出しているのかが気になっていたらしく、「お隣の夕食」にみなさん興味津々・・!

 

「民泊体験」では、料理は「提供」ではなく一緒に「体験」しながら共同調理するということになっています。でも主に献立を考えるのはお母さんの役目!みなさん真剣です。

事務局では、今後の勉強会の題材としていきたいと思ったところです。

 

他にも思春期の(特に女子)はお風呂が長い、どのようにして他の家庭ではお風呂に入れさせているのか?などの悩みが・・・。

 

このような情報交換の場は必要であると改めて感じました。

 

IMG_4894

夕食時は、地元・佐渡発酵の「寒元」を味わいながら、楽しくおしゃべり。

地元・関集落の太鼓の披露もあり、大いに盛り上がりました。

 

 

2日目は、関コースと岩谷口コースに分かれて現地研修。

岩谷口コースでは、公民館を使ったレクリエーションや周辺散策、昼食で体験してもらっている「根もずく」を中心とした珍しい海草づくしのご飯を頂きました。会話もはずみ、あっという間に時間がすぎ、地域の枠を越えた交流ができたと思います。

 

IMG_4910

 

事務局では、民泊体験の受け入れ地区・家庭の募集を随時行っております。現在は平成28年度実施に向けて、興味のある方にお声掛けをしているところです。今年は主に小学6年生の体験活動ですが、中学生、高校生の民泊体験も実施しています。

 

興味のある方は、一度、佐渡地域観光交流ネットワーク事務局(佐渡市佐和田行政サービスセンター2階)へお声掛け下さい。また、このサイトでも随時研修会のお知らせや、民泊体験の様子、段取りなどもお伝えしていけたらと思います。お楽しみに!

 

 

 

リスクマネジメント研修会に参加しました

11月12日に、佐渡中央会館にて「リスクマネジメント研修会」が行われました。

今回、講習で学んだリスクマネジメントは…安全管理講習です。

体験活動中に事故が起こるリスクを減らすために何ができるか、事故実例を交えて
集まった皆さんが、体験活動の管理者として考えて行動する、ことを学びました。
 
午前中は救急講習、午後から2名の方のお話しを伺いました。
以下、午前の救急講習の際の様子です。
 

佐渡市消防所の方々より、ケガ人の搬送方法、止血法、骨折に対する応急を教えて頂きました。講習後に実習を行い、当て木(段ボール)の添え方、固定の仕方を教わりました。

IMG_20151112_112602

また、呼吸をしておらず意識不明時の応急処置として、心肺蘇生法(心臓マッサージ、人工呼吸、AEDの使用方法)を実演を交えて教えていただきました。その際に、参加された方から「いざ目の前で人が倒れても焦って何もできないだろうから、実習で教えてもらって手で覚えておくのが良い。」というお話を伺いました。

 午後からは「リスクマネジメントの必要性」についてお話を伺いました。リスクの予防策は「軽減」「回避」「転嫁」「保有」の4つだそうです。

弁護士の早川修先生からは全国で実際に起きた事例紹介があり(時間内で説明しきれない程多い!)、その後ワークショップを行いリスクへの対応方法を参加者で考えました。

最後に、午後の参加者の皆さんで班をつくり、「リスクの洗い出し」のワークショップを行いました。

 IMG_20151112_162716

このようにA~D班で事故内容に基づき、事故発生時の対応・事故後の対応について書き出し、どの様に行動するのが最善か話し合いました。発表の際には、午前中に消防の方から伺ったお話や早川先生から伺った事故実例の対応も盛り込まれており、どの班も研修会で習ったことが生かされていました。

午前、午後と2部参加してくださる方もいらっしゃり、有意義な時間になったかと思います。

研修会は毎年この時期に開催をしておりますので、各方面のガイド様、民泊家庭の皆さま、施設の方等、たくさんの方々に参加して頂けたら嬉しく思います。

達者地区にて民話語りの会が開催されます

佐渡市達者に伝わる民話を、地元に暮らす方が語ります!

主催の池田寅一さんは、歴史文化を語りつごうという思いから、日頃も語り部として島内の小学生に民話を披露しています。

文化の秋、むかし話に思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

 

「達者の民話、語りについて」

  • 日時 平成27年10月14日(水)午後7時~
  • 会場 達者活性化センター(佐渡市達者468番地3)
  • 民話 『山門洞クシキ』、『安寿と厨子王』
  • 事前申込み、料金は不要です。ご自由にご参加ください。

達者の民話、語りについて