外国人観光客を受け入れるには?専門学校留学生による視察会を実施!

佐渡でも年々外国人観光客が見受けられるようになってきました。滞在・体験プログラムの開発を行う上で、外国人向けの滞在プランについては未開発であり、課題であると感じています。

今回は新潟市在住の留学生、旅行業界を学ぶ学生に佐渡を訪れてもらい、「佐渡島内インバウンド受け入れ研究」をテーマに、「金山」と「さどんもん」の2コース4班に分かれて、滞在先についてレポートしてもらうとともに、自国への発信方法についても考えていただきました。

 

実施日程

平成28年10月25日~26日

参加者

国際外語・観光エアライン専門学校(新潟市中央区)

 

日程


 

テーマ:金山に関わる・・・(A・B班)

1日目

9:00両津-10:00佐渡金山-昼食(相川)-13:30片辺の石切場・棚田見学-16:00飛べ!ダコタストーリー・旧公民館-17:30たにぐち荘(宿にて、1日目のまとめ)

2日目

8:30宿出発-9:00関の文弥人形とさどんぽ(神社仏閣)-12:00昼食13:00-14:00京町茶屋14:30-15:00トキ見学-15:30両津港着-両津港内で振り返り-16:15JF乗船-16:25出港-17:30新潟着


 

テーマ:究極のさどんもんに出会う(C・D班)

1日目

9:00両津-9:30生椿(高野さんの話)-昼食(生椿)-13:00松ケ崎の人々(菊池さんの話)-16:00羽茂大崎(葛原さんの話)-17:30深浦学舎(宿泊・鼓童事務局メンバーとの交流)

2日目

9:00 鼓童(たたこう館)-10:30沢崎灯台・宿根木- 12:00昼食(真野)-13:00足立俊裕さん宅(能文化)-15:00トキ見学-15:30両津港着-両津港内で振り返り-16:15JF乗船-16:25出港-17:30新潟着


 

★佐渡の古くて新しい魅力★

「金山がある結果とその影響など」「究極のさどんもんに会い何を感じ取るか」2日間でそれぞれ感じたことを1つのテーマにしてツアーに仕立てていく素材探しをしてもらいます。

 

視察の様子


%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

プレゼンテーションの様子

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892



 各チームのプレゼンテーションの内容

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%896

■今後の展開について

留学生たちの中から共通して挙がった意見として、 

(言語が通じなくてもわかる)「非言語の情報」を利用する。 という意見は、なるほど!と思いました。

★非言語の情報とは

…説明のいるもの…図やイラスト・アニメなどで表現          

…説明のいらないもの…ガイドさんの笑顔や表情、体を動かす体験モノ・これまでの日本人の視点とは全く違うということを、受け入れ側も理解して対応する。 (興味・食・行動パターン)

その他 ・利用できるサービスをわかりやすく表示(タクシー、バス、インターネットWIFI)

     ・説明の多言語化 以上の点について、充実を検討すべきであると感じました。

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

このご意見は、今後の受入事業に活かしていきたいと考えております♪