民泊受入地域のご紹介

松ヶ崎地区(まつがさき)

松ヶ崎灯台・ヒストリーパーク

松ヶ崎灯台・ヒストリーパーク

越後と佐渡の最短距離にあることから、古くより、松ヶ崎から佐渡へ入るルートが整備され栄えた地区です。佐渡のなかでも比較的温暖な気候で、おおらかな松ヶ崎の雰囲気が感じられます。

また、松ヶ崎灯台がある松ヶ崎ヒストリーパークは、夏はキャンプ客や海水浴客でにぎわいます。

松ヶ崎地区海沿い
松ヶ崎地区風景

海沿いの松ヶ崎、多田、内陸の浜河内、丸山の4集落を合わせて松ヶ崎地区と呼んでいます。地域が一丸となって取り組んでもらっているので心強い地区でもあります。

竹林整備と流しそうめん?!

佐渡の前浜地域は良質な竹の産地

松ヶ崎や、佐渡の前浜地域は良質な竹の産地として、昭和の中ごろまでさかんに本土へ出荷されていました。佐渡の竹で組んだ雪囲いはとても丈夫だと評判だったそうです。加工もしやすく、竹細工やかご編みの技術も発達しました。

今は林業の担い手が減り、荒れた竹林も多く見られるのが残念です。しかし、今度は子どもたちが森林間伐を学び、竹を使って子ども達が体験してもらえれば、地域の人たちは大喜びです。

大学生が地域研究のために訪れました

この日は大学生が地域研究のために訪れました。佐渡の竹が丈夫でしっかりしていること、肉厚なことに驚いていました。

地域のお父さんに教えてもらいながら、竹の切り出しを行います。

竹の切り出しを行います
丈夫でしっかりしている竹
そうめん流しの開始です

そしていよいよ、竹で作った水路に水を流し、そうめん流しの開始です。

ながーい水路に勢いよく流れていくそうめんをゲットするのに、みんな夢中です。

うまく流れているでしょうか??

流しそうめんを楽しみました

地元のお母さん達による郷土料理に舌鼓を打ちながら、流しそうめんを楽しみました。お母さん達とのおしゃべりも盛り上がりました。

普段はなかなか体験できない、流しそうめん。みんなで協力しながら大成功となりました!地域のことを知りながら、心もお腹も満腹です!

松ヶ崎・岩首地区の場所はココ

<車でお越しの方>両津港より1時間10分/小木港より50分