安全について

安全・安心のために -地域づくり-

佐渡地域観光交流ネットワークでは、佐渡の暮らし体験(民泊)を受け入れている家庭、「さどんぽ」案内人や体験インストラクターの方々がより安全な体験ができるように、マニュアルの作成・講習・ワークショップなどを行っております。

受け入れマニュアル・安全管理マニュアルの配布

受け入れマニュアル・安全管理マニュアルの配布

佐渡地区農山漁村体験推進協議会作成の「受入れの手引き」には、子ども農山漁村交流プロジェクトの概要、受入れに向けた準備や心構え、緊急連絡マニュアル、救急連絡先などについて記載しています。わからないこと、困ったときのみちしるべにもなります。

安全管理マニュアルは、体験中に起きる事故、事故には至らなかったがヒヤっとしたこと、応急処置について分かりやすく記載されています。

衛生・安全講習会・ワークショップ

衛生・安全講習会・ワークショップ

食品衛生や設備の衛生に関しては、佐渡保健所による衛生講習を年に1度必ず受けてもらうのが条件となっています。また、衛生講習と一緒に「安全に関するワークショップ」や「インストラクター研修会」に取り組んでもらっています。この研修会は、事故や危険の予測し、予防のための準備や指導について指導者としてイメージできるようにすることを目的としています。

 

 安全・安心のために-保険について-

普通傷害保険(旅行者・体験する子ども向け)

佐渡地域観光交流ネットワークでは、民泊体験をする子ども達は全員分、傷害保険に加入しています。また、主催旅行ではお客様の要望に応じて旅行傷害保険へ加入しています。(加入は任意の場合もあります)

※「さどんぽ」など短時間の体験プログラムでは、お客様情報(参加者の氏名)を事務局に提供いただくだけで、軽度な事故を保障する保険に加入していただけます。

 

体験活動中の事故・ケガでの通院、入院において一定の保険金が支払われます。

体験地域の集合から解散まで

死亡・後遺障害
300万円
入院保険金
1日 3,000円
通院保険金
1日 1,500円

 

総合賠償保険(受入れ家庭・インストラクター向け)

教育旅行の民泊受入家庭は賠償責任保険に加入しています。また、体験を指導するインストラクターにも賠償責任保険への加入を勧めています。
体験活動中の指導ミスなどに起因して生じた対人・対物事故での損害賠償金・費用などが支払われます。また、この保険では生産物事故(食中毒)を起こしてしまった場合にも補償されます。

施設賠償責任
(施設・体験会場で)
対人 1人7,000万円(1事故1億円)
対物 1事故1,000万円
生産物賠償責任
(食中毒など)
対人 1人7,000万円(1事故1億円)
対物 1事故・期間中200万円

取引保険会社

共栄火災海上保険株式会社 新潟支社 佐渡営業所
〒952-0014 佐渡市両津湊145 中村ビル 2階